Disable automatic tab discarding

1.0.4

Disable automatic tab discardingはGoogle Chrome向けの拡張機能でこのブラウザのバックグラウンドでタブを停止する機能を無効化します

2015年からGoogle Chromeはバックグラウンドでのタブを停止する機能を搭載しており、これら有効化されていないタブを停止してRAMメモリーを開放し、ユーザーがアクセスしたときにだけロードするようになりました。しかし、2019年6月まではオプションメニューからこの機能を停止することが可能でした。しかしそれ以降そのオプションはなくなりました。

タブの停止を無効化するChromeの拡張機能

この拡張機能であるDisable automatic tab discardingはブラウザの機能をアクセラレータするためにそれらのタグのコンテンツへより素早くアクセスできるように再度ロードする必要がないようにします。ただし、これは反面より多くのRAMメモリーの消費を意味し、パソコンの動作を遅くする可能性があり、この理由から他のプロセスの進行が遅くなる可能性があります。

この拡張機能が正しく機能するかどうかを確かめたいなら単純に新しいタブからchrome://discardsへアクセスしてそれぞれの列でauto discardableの欄が停止されているか確認しましょう。

World_Languages
6か月前
今年
29 KB

是非、ご意見をお聞かせください。

未接続

未接続